債務整理に困ったらココ|借金がチャラになる

男性

損金を増やす方法

計算

法人税の節税は、経費で損金を増加させ所得額を減らし税額を減額することで実現できます。期日前の未払金や未払費用があるなら、これらを経費に計上することで損金を増やすことができます。また、役員報酬を増額して損金を増やす方法もあります。

早めに十分な対策をする

六法全書

相続対策について考えている方は、相続対策を得意としている弁護士事務所に相談してみると良さそうです。川越には、生前贈与についての相談会を開催している弁護士事務所もあります。相続対策の実績が多い弁護士事務所をネットで探してみて下さい。

借金はひとりで悩まない

相談

プロの助けで債務を整理

消費者金融などからの借入金が返済困難におちいっている人は、放置していると社会生活に重大な影響を及ぼしてしまうことがあります。できるだけ早い時期に弁護士などのプロに相談し、解決のための支援を受けることが重要です。借金の額や借入先等を整理し、困難の解決を図ることを債務整理といいます。債務整理には貸し手と直接話し合って利息の免除等を要請する任意整理、裁判所に申し立てて債務の減免等を認めてもらう個人再生や自己破産などの方法があります。これらがうまく行けば、現実的に返済可能な額のみを返済し、残りの部分については返済を免除してもらうことなどよって、生活状態を正常に戻すことが可能になります。ただ、債務整理を成功させるにはタフな交渉力や法律上の専門知識が必要となります。そのため、弁護士等のエキスパートによるサポートが不可欠であると言えます。債務整理を弁護士に依頼する際は、現在の負債と資産の全貌をはっきりさせておかなければなりません。そのためには、各種の書類をそろえておく必要があります。まずは借入先の一覧を準備し、それに沿って借用証書やローンの契約書、振込票の控えなどこれまでの返済履歴の分かる書類などを用意します。書類が見当たらない場合は記憶に残っている限りでメモを作成します。正式なリストは弁護士の方で作成してくれるため、手書きでもいいのでできるだけ詳細に記録します。一方、資産については預金通帳や保険証書、不動産や車を所有していれば登記・登録関連の書類などを用意します。また、給与明細など現在の収入状況が分かる書類も必要となります。

代理人を見つけよう

事故

静岡で交通事故に遭ってしまった時には、静岡の弁護士に相談するところから始めましょう。ケガの治療代や車の破損代などの慰謝料を加害者に請求できるからです。これらの手続きは、弁護士が間に入って担当してくれます。