債務整理に困ったらココ|借金がチャラになる

ウーマン

損金を増やす方法

計算

経費を増やす

法人税とは、会社の所得に対して課せられる税金のことです。所得は益金から損金を引い手計算し、この所得に一部例外はありますが約35%の法人税率をかけたものを法人税として国に納めます。この法人税を節税する方法はいくつかあるのですが、未払費用、未払金を経費で節税する方法を説明します。未払金とは、支払期日が来ていない支払い義務のある買掛金ではないもののことです。材料や商品のように一定期間継続して取引ではなく、これらの仕入以外の債務を指します。未払いの固定資産の購入代金や支払手数料、宣伝広告費などがそうです。未払費用とは一定のサービスを契約を結んで提供を受け、まだ期日前でこのサービスに対する代金を支払っていない費用のことです。家賃、光熱費、給料、保険料、借入金の利息などがこれに当たります。支払い期日前で、実際にサービスの提供を受けている場合や物品を受け取りすでに使用している場合は、未払金と未払費用を経費として計上できます。ですので、確定申告前には、経費として計上できるものがあるかどうか請求書を見て確認するといいでしょう。さらに、提供を受けているサービスの使用料金を前払いする方法もあります。家賃や借入金の利息、保険料などは前払いできます。ですので、1年分を前払いしてこれを経費として計算することが可能です。さらに、役員報酬で節税対策を図れます。役員報酬は任意に決めることができるので、報酬を増やし経費を増大させることができます。報酬が増えると一緒に保険料も増加するのでこの方法でも節税が可能です。このように、経費を多く計上することで損金の金額を増やし所得を減らして、法人税を節税することができます。